恋人がもしかしてセックス依存症?症状、原因、対処法

「セックス依存症とは」

一言で言うと、性欲がなくてもSEXをしてしまう人です。本来、男性も女性も性欲という塊に動かされSEXをします。ですがこのSEX依存症の方々は、自分に性欲がないと分かっているのにも関わらずSEXをしてしまいます。
男性の方は好みでもない女性としたり、風俗に行ったりします。逆に女性の場合は、男性に言い寄られたら素直に股を開きます。これは心の病気ですので病院に行きましょう。

恋人がもしかしてセックス依存症?症状、原因、対処法

「セックス依存症の見分け方」

女性の場合は簡単です。この依存は心の問題であることが非常に多いので、俗にいうメンヘラといった状態になっています。だから自分と接している時に、彼女の言動や行動に違和感を覚えたら疑った方がいいと思います。例えば、「今、死にたい」や「私の何処が好きなの?」を頻繁に言う人です。決定的なのは、リストカットの痕ですね。ですが、メンヘラが全員セックス依存症と決めつけるのは、いささか無理な気がします。その場合は男性の見分け方と混合して構わないです。
男性の場合は、多くの女性の間をフラフラしている人です。それは付き合っている自分という存在がいるのにも関わらず、色んな人に関心を示す人の事です。言うならば、たらし野郎という事です。こちらは浮気性と似ているので見極めに十分気をつけて下さい。浮気性は性欲が元で動いているので、根本を見ると分かるかと思います。

「セックス依存症の原因」

色々言われていますが、幼少期に十分に愛情を注がれなかった事が大きいかと思います。一種の虐待とも言えますね。そしてそのまま育った結果、この病にかかってしまいます。感覚的には自分の体でしか、人は私を求めないといった妄想に囚われてしまいます。その行為をした後は罪悪感で一杯なのですが、幼少期に与えられなかった愛情はSEXをしている時だけは与えられます。そうした事から中々病院にも行けず、ズルズルと深みに嵌っていきます。この病気の名前は軽そうですが、実際に患っている人は毎日もがき苦しんでいます。だからこそ近くにいる人たちが、助けてあげるべきなのです。